多汗症の悩みを持つ人は意外に多い?

多汗症のことを、汗っかきな人のことだと誤解している人もいるかもしれませんね。
多汗症というのは、手の平や顔、頭部、足の裏、脇などの限られた部分にだけ、多量の汗をかいてしまうという病気。
汗っかきさんのように、全身に大量に汗をかくのとはちょっと違います。


つまり多汗症には、手の平の多汗症、脇の多汗症、足の多汗症、顔の多汗症など、汗を部位によって様々あるといえます。
中でも、手の平の多汗症は有病率が1%とも言われています。


しかし、まだまだ多汗症という病気自体の認知度が低く、自分が多汗症だと認識できていない人も多いそうです。

やたらと手の平だけ汗をかく、なぜかいつも脇にだけ汗をかいてしまう…

など、そういった悩みはあっても、多汗症という病気とそれらの悩みが結びつかず、結果多汗症を放置したままになっている人が少なくありません。


また、多汗症という病気が知られていないがために、家族や知人にも相談しにくく、自分一人で悩みを抱えているという人も多いようです。
常に手の平に汗をかいている状態だと、自分も不快なうえ、人との接触も嫌になります。多汗症の悩みは、かなり深刻です。


手の平だけすごく汗をかいてしまう、脇だけ汗をかいてしまう…
あなたにはそういう悩みはありませんか?
もしそういう悩みがあるのなら、多汗症という病気を疑ってみることも必要です。
多汗症は立派な病気。きちんとお医者さんに診てもらって、早めに治療することが大切です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61255736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。