多汗症のための薬

多汗症の治療法はたくさんあります。
精神療法や多汗症手術など様々ですが、多汗症治療のための薬も色々とあります。
多汗症治療の為に用いられる薬、どんなものなのか少し調べてみました。


多汗症治療に用いられる薬「抗コリン剤」。
これは腹痛などの痛み止めに使われるものです。抗コリン剤は汗腺から分泌されるアセチルコリンを抑制するので、結果発汗が抑制され、多汗症治療に効果があるとされています。
ただし、目や喉の渇き・尿の出が悪くなる等の副作用もあるため、長期的な服用は望ましくないようです。


また「グランダキシン」も多汗症治療に有効な薬です。

これは自律神経を調整する薬です。多汗症の原因自体が、自律神経のバランスが崩れて交感神経の働きが異常になることから起こるとも言われているので、多汗症治療には効果を発揮する薬と言えます。


多汗症治療に使う塗り薬としては「オドレミン」という薬があります。
これは無臭の制汗剤で、多汗症に効果がある塩化アルミニウムが主成分のひとつです。

適量を塗るだけで汗の量が抑えられ臭いも気にならないので、多汗症の症状を抑えるにはかなり効果が高いようです。


こうした薬以外にも、多汗症治療に用いられる薬の中には、漢方薬も数多くあるそうです。
一言に薬での多汗症治療といっても、どの方面からアプローチするのか様々ですね。

やはり、多汗症を専門としている病院で、一度相談してみるのが得策なんでしょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ACh)は神経伝達物質であり、副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経刺激をある種のシナプスを通して伝える役目を果たしている。コリンの酢酸エステル化合物。化学式は CH3COOCH2CH2N+(C..
Weblog: さまざまな医薬品
Tracked: 2007-12-10 11:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。