顔面の多汗症の治療法

顔面の多汗症の場合、どのような多汗症治療法があるのでしょうか?
いくつか顔面多汗症の治療法を調べてみました。


ちなみに、顔面多汗症の汗を抑える方法としては、胸の乳輪辺りを強く圧迫するといいそうです。
ただこの方法はあくまで一時的に顔面の汗を抑えるだけのもので、顔面多汗症の治療法とまではいきません。


顔面多汗症の治療法ですが、外用制汗剤を使用する方法があります。
アルミニウム配合の制汗剤で、通常は脇や手足の多汗症治療に用いられることが多いのですが、注意すれば顔面の多汗症治療にも使用できるそうです。
ただ自分で使用するのは難しいと思われるため、医師の指導の下で行うのがいいでしょう。


また、星状神経節ブロックという顔面多汗症の治療法があります。

続きを読む

足の裏多汗症の治療は難しい?!

多汗症と一言にいっても、掌の多汗症、足の裏の多汗症、脇の多汗症、顔面の多汗症、頭部の多汗症…と、多汗症の症状の出る部位は人それぞれ。
どの多汗症なのかによって、多汗症の治療法も変わってくるようですが、中でも足の裏の多汗症はなんだか治療が少し難しそうな感じです。


脇の多汗症は、短時間で簡単に比較的安全にでき、デメリットもほぼないという超音波治療法というものがあります。
じゃ、足の裏の多汗症も、そういう多汗症治療法があるのか?
と、調べてみたところ…2つほど見つけましたが、どうにも「簡単で安全に」とはいかなそうです。


足の裏の多汗症治療法「腰部交感神経切除術」。
名前からして、痛そうな(笑)感じです。

続きを読む

多汗症の悩みを持つ人は意外に多い?

多汗症のことを、汗っかきな人のことだと誤解している人もいるかもしれませんね。
多汗症というのは、手の平や顔、頭部、足の裏、脇などの限られた部分にだけ、多量の汗をかいてしまうという病気。
汗っかきさんのように、全身に大量に汗をかくのとはちょっと違います。


つまり多汗症には、手の平の多汗症、脇の多汗症、足の多汗症、顔の多汗症など、汗を部位によって様々あるといえます。
中でも、手の平の多汗症は有病率が1%とも言われています。


しかし、まだまだ多汗症という病気自体の認知度が低く、自分が多汗症だと認識できていない人も多いそうです。

やたらと手の平だけ汗をかく、なぜかいつも脇にだけ汗をかいてしまう…

続きを読む

多汗症のための薬

多汗症の治療法はたくさんあります。
精神療法や多汗症手術など様々ですが、多汗症治療のための薬も色々とあります。
多汗症治療の為に用いられる薬、どんなものなのか少し調べてみました。


多汗症治療に用いられる薬「抗コリン剤」。
これは腹痛などの痛み止めに使われるものです。抗コリン剤は汗腺から分泌されるアセチルコリンを抑制するので、結果発汗が抑制され、多汗症治療に効果があるとされています。
ただし、目や喉の渇き・尿の出が悪くなる等の副作用もあるため、長期的な服用は望ましくないようです。


また「グランダキシン」も多汗症治療に有効な薬です。

続きを読む

多汗症予防のために出来ること

多汗症…重度の症状ともなると、日常生活にも支障をきたしてしまう病気。
多汗症は認知度が低い割りに、意外に多汗症の悩みを抱えている人は多いようです。
多汗症を専門としている病院もあるぐらいです。


でもごく軽度の多汗症だったら、病気というよりは体質と言ったほうがいいのかも?!
汗は身体を正常に保つには必要不可欠なもの。
でも、大量の汗をかくのはやはり不快ですよね。多汗症予防のために、出来ることは何があるのでしょうか。


まず、多汗症の原因として多く挙げられるのがストレス。
ストレスが発端で自律神経のバランスが崩れ、交感神経の働きに異常が起こり、結果大量の汗をかく多汗症になることも。

ストレスは万病の元。多汗症も同様です!

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。